こども表現教室では
育ちあう場作りのために、色々しかけます。

声と言葉のレッスンは個々になりますが、
他の子の声もちゃんと聴いていると、
言葉がたくさん自分の中に入ってきます。

でも、今、こどもたちは本当に
「聴く」ことがなかなかできていません。

聞いちゃいない、
という状態が本当に多い。

人の話に真剣に耳をかたむけることが
ほとんどないのでしょうね。

「おはなしの玉手箱」の時間、本当に大事な時間です。
昔話、絵本、じっくり聴いていただきます。

体を寄せてみんなで聴くおはなしの時間は
本気で聴けるようになると
みんなで一緒に
違う世界へ出かけて行ってのすごい体験になります。

これが味わえるようになると
人の話を聴く耳ができてきます。

とにかく五感を使った体験が乏しすぎるのです。
友達みんなで味わう体験が少なすぎるのです。

みんなでする体験をたっぷり味わって
育ち合っていってほしいと願い様々な仕掛けをしています。

わらべうた遊び、
カプラ積み木での制作、
漢字カルタのチーム勝負などなど

みんなで力を合わせます。