こんにちは! 声と言葉の魔法で子育てミラクルグランマ田所雅子です

日本人は、虫の音を聴いて感情を動かされ、いい音だと思ったり、                愛らしさを感じたり、優しい気持ちになったりします。

同じように日本語も感情を伴ったものとして聴き、使われています。

それに対して、欧米の言葉文化で育った人は基本的に虫の音は雑音として処理します。人間の言葉だけをもっぱら理解するために聴くのです。

日本語は、心と言葉が一致しやすい言語なのだといわれています。

そして、この日本語脳が形成されるのが、ちょうど小学1年生から3年生くらいの時期だと言われます。  ところがこの時期に英語漬けの教育をされたとしたら・・・・・。

日本語はなんとか身についても、情感を伴った言語として身につけることができなくなりますね。

言葉というものは単に単語としてあるだけではなく、背景に文化や情感があって意味をなし、人に伝わるのですね。

情感を伴った、つまり心を伴った言葉としての日本語。

現代は、言葉が薄っぺらになってきているので、人の心が殺伐としてきたという風に感じていたのですが、日本語脳が出来上がる大事な時期に、情感を伴った言語としての日本語の教育がきちんとなされていないことが原因なのかもしれない、と思った次第です。

こども表現教室の役割、大きいなぁと思います。

気持ちを引き締めます。