こんにちは!
声と言葉の魔法で子育て
ミラクルグランマ田所雅子です

子育てにおはなし、昔話、語りかけること
など、言葉でこどもを育むことの大切さをお伝えしていますが、
これは本当に人間だけにできることですね。

たぶんロボットにもできないことだと思います。
おはなしそのものは覚えさせればできます。

でも、こどもを育むおはなし、昔話はできません。

こどもを育むお話は、たんに言葉を連ねればいいのではありません。

 

愛情のたっぷり詰まった「声」で語られることが大事なのです。
機械からの声ではありません。
つまり、ぬくもりパワーの詰まった「生の声」です。

ぬくもりパワー」についてはメルマガをお読みくださいね!!

 

そう、いちばんは、お母さんの声。
そして、お父さんの声、おばあちゃんの声などなど。

おはなしは、「生の声」とセットで届けられるものなのです。
これは絵本の読み聞かせも同じですね。

声を磨きましょう。

心のこもった声が出せるようにならないと、
こどもの心を癒す、せっかくのお母さんの声が活きませんね。

 

磨く、と言うのはいい声を出そうとすることではありませんよ。

心からの思いを込めた、こどもの心に届く声を出すことです。
それは自然といい声になります。

 

田所は、毎週こども表現教室で、

こどもたちに心をこめて昔話を語っています。