こんにちは!田所雅子です

「今日の幼児の世界は早くから大人社会の強大な圧力にさらされています。
幼児期においてこそ形成されるべき人間の生き方の基礎があるにもかかわらず、
その獲得が不十分なまま、こども達は大人社会へ投げ出されていきます。」

 

『幼児期』 岡本夏木著 岩波新書
2005年の著作。
10年たっています。

この冒頭の文章一つとっても決して古さなどなく
問題はもっと深刻になってきていると感じます。

現代のこどもは社会の情報化と能力主義を反映して
「何でも1人で、早く、できること」をより求められるようになった。

そこで失われるものを危惧する
発達心理学の立場からとても大事なことを警告しています。
この能力主義から
せめて幼児期だけは守ってやりたいと痛感します。
大人の世界を無視して、「遊べこども達!!」