こんにちは!
お母さんのためのヒーリングボイストレーナー
田所雅子です

なぜ起業したのだろう。

なぜ、私は、声にこだわって
お母さんに子育てをお教えすることを
しごと(志事)にしようと思ったのだろう。


このところずっと考えていました。

間違いなく私の過去に何かがある

と思いましたので
過去をずっとたどってみたのです。

今日は、
なぜ起業したのだろうについて
です。

私の志命について。

お付き合いください。

思い当たることはたくさん出てきました。

さらに人の力も借りて過去を掘ってみました。

そこで、
自分では気付かなかったことに気付かせていただきました。

 

私はこどもの時、こどもとしては
かなり過酷な体験をしてきました
(これがにつながります。それはまた)

そのせいか、私は
結局人生は虚しいもの
と思って生きてきたようなのです。

そのむなしさを埋めようと
その時その時夢中になるものを見つけては
がむしゃらに頑張って生きてきたと言えます。

 

そんな私ですが、
こどもの時の夢は
サンタクロースになることでした。

人が喜ぶプレゼントを配って歩く仕事、
なんて素敵なんだろうと思ったのです。
それもこっそりと、夜中に。

 

我が子たちのために
10年以上サンタクロースをやってきたことも含めて
私はその夢をすでにかなえてきました。

 

ボランティアでずっと続けてきた文庫活動も、
こどものためのNPOの活動も、
みんなサンタクロースとしての仕事だったようです!!!
(ここは人に言われて気付いたのです)

 

でも、頑張れば頑張るほど
自分が枯渇していくのです。
つまり稼いでいないから
自分がどんどん貧乏になっていくのです。

 

自分の心を満たすために
自分が持っているものを
みんなあげてしまうサンタクロースだったのですから当然です。

プレゼントは枯渇していきますね。

それでもいいと思っていたのです。

人生はそもそも虚しいもの
という前提で生きてきたから。

 

けれど
人生は決して虚しいものじゃない。

だから

今度は
自分で稼ぐサンタクロースになります。

 

ちゃんと稼ぐサンタクロースでなければ
もうプレゼントが用意できません。

 

私が起業したのには
自分の気づかないところで
そんな意味があったようなのです。

 

この気付きは、トレジャーサーチナビゲーターの石坂典子さんの「心のストッパー根こそぎ除去セッション」を受けたおかげです。

石坂さんの詳細はこちらhttp://treasuremap7.com/